更年期はむくみやすい?原因と解消方法は?

更年期むくみ

更年期は性成熟期から生殖不能期、つまり閉経するまで、年齢にしておおよそ45〜55歳くらいの期間のことを指すとされています。この時期は卵巣機能は低下していくため、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌が減少します。その結果として、神経に異常をきたし、自律神経失調症になったり、多汗、頭痛、むくみ、倦怠感などの症状が発生することもあります。

 

その中でむくみの原因として冷えが挙げられます。冷えると血行が悪くなり、リンパの流れが悪くなるのでその結果むくみにつながります。冷えは、更年期障害と密接に関係しています。

 

冷えと更年期の関係

そのメカニズムとして、エストロゲンの分泌量が減少することで、自律神経が異常をきたし、体温調節がうまくいかなくなったり、加齢による筋力量の低下が原因となります。では更年期のこのような症状を解消するためにはどうすればよいのでしょうか?

 

食生活の偏りを見直す

食生活の見直しが重要です。大豆フラボンはエストロゲンと似た構造で、体内で同じような働きをすると言われています。さらに亜鉛を含む食品を摂取することで、ホルモンバランスが整うようになります。

 

運動不足解消もポイント

そして適度な運動です。適度な運動は、血流を促進し、体温上昇にも寄与します。

 

これがむくみの解消に役立つと思われます。

 

体の内側からスッキリをサポートしてくれるサプリ

立ち仕事や、夕方以降の時間もすっきり過ごしたい人のために販売が行われているプラセンタサプリに、ホスピレッグがあります。ホスピレッグは1日に2カプセルを摂取量としており、商品は、30日分として60カプセル入1箱単位で販売されています。

 

 

ホスピレッグ公式サイトへ

 

>>TOPページへ